海外リゾートを100%満喫する方法

オールインクルーシブを活用しよう!

旅行の人気スポットの一つに海外リゾートが挙げられます。青い海と白い砂浜で過ごす時間は、日常を忘れてリラックスできる至福のときとなるでしょう。けれども海外リゾートの心配事として、必要以上にコストがかかる場合があります。せっかく海外に行ったのに、予算の関係で食事やアクティビティーを十分に満喫できないのはもったいないですね。そんなときにおすすめするのが、オールインクルーシブのプランです。現地でのホテル費用はもちろん、食事やアクティビティーも含めた料金となっているため、お金を気にせず楽しむことができます。またホテルによってはプールやジム、エステなどのリラクゼーション関連も含まれていることもあり、リゾートを満喫できます。

オールインクルーシブの注意点

オールインクルーシブは海外リゾートでよく見られるサービススタイルですが、その内容はホテルによって様々です。基本的には食事以外にもアルコールが飲み放題だったり、アクティビティーも無料で参加できますが、プランによっては有料となる場合もあります。またプールやジムはもちろん、テニスコートを所有している施設があったり、クルージング船やダイビング機材などを所有しているホテルがあったり、そのサービス内容も多岐に渡っています。よってオールインクルーシブのホテルを検討する場合は、リゾートでやりたいことをしっかりと決めた上で、ホテルのサービス内容をしっかりと確認し、自分にあったプランを予約することをおすすめします。

賢く旅行をするために

お得に安く旅行をする時期について

いつの時代でも旅行は最高の思い出作り、リフレッシュのツールです。そんな旅行をお得に行く方法はまず一番は時期です。一番オススメな時期は2月と11月とGWをずらした時期がオススメです。旅行客が多い時期は、航空会社もホテル・旅館も強気な値段で出してもお客様が勝手に集まってくるので特に問題がありませんが、やはり集まりにくい時期は色々なキャンペーンであったり価格を下げるなど様々な方法で集客を心掛けているのでとてもお得です。また、どこの観光スポットも人が多い時期はあまり落ち着いて堪能できませんが、シーズンを外すとゆっくりと満喫できるためとてもオススメです。もし、休みを選べるような方はぜひ比べてみてください。

お得な航空券の探し方

現在インターネットが腐朽し、自分でチケットや宿泊施設を予約できるようになりました。旅行好きにとっては最高な時代です。今までは旅行会社を通して旅行をすることが多かったと思いますが、今では同じくらいの方がインターネットで個人手配をしてると思われます。特に航空券に関しては、LCCの出現によりとても安価なチケットが出てきました。その中でもお得なチケットを取る方法としては、航空会社のアプリなどに会員登録をすることです。航空会社によってタイムセールスであったり、就航記念プライスなど普通ではあり得ないプライスの物が出てきます。そういった情報が会員であるといち早く手にできるのでお得にチケットを手に入れる確率があがります。そういったチケットはすぐに売り切れてしまうので、こまめに情報を確認する必要があります。

旅行は移動も醍醐味!

自家用車は便利で良い

自家用車で移動する場合は、もちろん運転は自分達で行わなければいけませんし、ガソリン代や高速道路料金などがかかります。しかし、行先を自由に決定できる点や、たまたま気になった場所に寄れるなどフットワークの軽さは魅力的です。旅行は、一つの場所でゆっくり過ごすのも良いですが、複数の観光地を巡るのも楽しいです。その場所でしか見れないもの、食べれないものがあるので、それらを贅沢に堪能するには自家用車が最適です。運転を何時間も続ければ体に疲れが溜まってきますが、適度に疲れることによって宿泊先に到着した時の安堵感や温泉に入った時の心地良さが増すので決してナーバスな事柄ではありません。自力で目的地へ到着する達成感も、良いものです。

それぞれの交通機関に良さがある

旅行の移動でメジャーな手段は電車です。時間に合わせて乗るだけで目的に到着できますし、新幹線に乗ればいつもとは違う感覚に高揚します。座席に座りながら会話をするのも良いですし、景色を眺めながら過ごすのも良いです。各駅には駅弁や記念グッズなどが売っており、旅情も感じることができます。飛行機での移動は空の旅という非日常的な時間を過ごすことになり、やはり移動スピードが一番の魅力です。スローな移動も旅の醍醐味となっています。あえて普通列車を使って、地元の方の方言を堪能したり会話をするなどして移動する方も多いです。船旅は、船上で風を感じたり食事を楽しむなどして過ごしますが、余裕のある旅を好む方を中心に人気があります。

旅先でパスポートを紛失!どうすれば日本に帰国できる?

まずは滞在先の警察署でポリスレポートを作成する

海外旅行で欠かせないものと言えば「パスポート」です。自分が何者かを証明するための身分証であり、外国へ旅行する際には必ず携帯し、必要に応じて提出しなければならない重要な査証ですが、旅行している最中に落としたり盗難にあって紛失してしまう人も少なからずいます。では、そうした事態に自分が直面した場合、どうしなければならないのでしょうか?旅行先から帰国するためには、パスポートを再発行するか、渡航書を作成してもらわなければなりません。そのためにはまず、現地警察でパスポートを紛失したことを証明する「ポリスレポート」を作成しなければなりません。外国の警察署でポリスレポートを発給してもらうのは、なかなか敷居が高いように感じられますが、観光地の警察署などであれば十分な外国人対応を行ってくれる場合も多いので、まずは勇気を出して警察署に連絡してみましょう。

現地日本大使館で紛焼失届を提出して帰国に必要な書類を発行してもらおう

旅行先でパスポートを紛失してしまった場合は、必ず現地の日本大使館へその旨申請しなければなりません。パスポートの再発行か渡航書の作成も行ってもらわなければならないため、ポリスレポートを発行してもらったら必ず訪れましょう。日本大使館ではまず「紛失一般旅券届出書」を作成し、ポリスレポート・写真・その他参考になる書類とともに窓口に提出します。その後、帰国に必要な書類を作成してもらうことになりますが、パスポートの再発行の場合は、戸籍謄本など日本でパスポートを作成した時に必要だったものと同じ書類の提出が必要になります。そのような書類が入手困難な場合は、運転免許など国籍を証明できる身分証で作成することができる渡航書を作成することになります。渡航書の有効期限は1週間から10日ほどであるため、旅行の日程などと相談して発行してもらうようにすると良いでしょう。

イタリア旅行に持って行くと良い物

日焼けは歓迎されています

海外旅行を楽しむ際に国により持って行くと良い持ち物は変わります。イタリア旅行では明るい国民性と日焼けを好む傾向にある国民性や習慣の違いから、日本から持って行くと良い物があります。日本でもよく販売されている日焼け止めは、イタリアでは日焼けは好まれる傾向が強いのでSPF50を超える日焼け止めは売られていません。昼休みに1時間日光浴を楽しもうとするくらいだからです。日本と異なり海外では水が合わないと感じることが多いです。日本では軟水ですが、ヨーロッパの多くでは硬水や炭酸水が主流です。イタリアでも炭酸水の割合が多く、ミネラルウォーターを注文すると炭酸ガス入りか確認されるくらいだからです。マイボトルとティーパックを持参して、宿泊先で煎れて持ち歩くと良いです。

サングラスや水着は現地調達

日本人は小柄な体型の人が多いので、サングラスや水着は日本から持って行くという人もいますが、現地調達をすることも旅の醍醐味です。現地で売られているサングラスは、その地域で流行しているタイプのものが多く、色の濃さも現地の状況に合わせた光の透過率に調整されて販売されているのが普通。観光客と人目で分かる出で立ちは、スリなどのターゲットとされやすいので現地に溶け込む工夫をすることが安全です。水着のサイズについても、よほど特殊な体型をしていない限りは大きなサイズに困ることはありません。小柄な女性のみ現地の子供サイズになる可能性があるので注意を要します。国内では販売されていないタイプの水着を着てビーチで楽しむことも旅の醍醐味です。