イタリア旅行に持って行くと良い物

日焼けは歓迎されています

海外旅行を楽しむ際に国により持って行くと良い持ち物は変わります。イタリア旅行では明るい国民性と日焼けを好む傾向にある国民性や習慣の違いから、日本から持って行くと良い物があります。日本でもよく販売されている日焼け止めは、イタリアでは日焼けは好まれる傾向が強いのでSPF50を超える日焼け止めは売られていません。昼休みに1時間日光浴を楽しもうとするくらいだからです。日本と異なり海外では水が合わないと感じることが多いです。日本では軟水ですが、ヨーロッパの多くでは硬水や炭酸水が主流です。イタリアでも炭酸水の割合が多く、ミネラルウォーターを注文すると炭酸ガス入りか確認されるくらいだからです。マイボトルとティーパックを持参して、宿泊先で煎れて持ち歩くと良いです。

サングラスや水着は現地調達

日本人は小柄な体型の人が多いので、サングラスや水着は日本から持って行くという人もいますが、現地調達をすることも旅の醍醐味です。現地で売られているサングラスは、その地域で流行しているタイプのものが多く、色の濃さも現地の状況に合わせた光の透過率に調整されて販売されているのが普通。観光客と人目で分かる出で立ちは、スリなどのターゲットとされやすいので現地に溶け込む工夫をすることが安全です。水着のサイズについても、よほど特殊な体型をしていない限りは大きなサイズに困ることはありません。小柄な女性のみ現地の子供サイズになる可能性があるので注意を要します。国内では販売されていないタイプの水着を着てビーチで楽しむことも旅の醍醐味です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です