旅先でパスポートを紛失!どうすれば日本に帰国できる?

まずは滞在先の警察署でポリスレポートを作成する

海外旅行で欠かせないものと言えば「パスポート」です。自分が何者かを証明するための身分証であり、外国へ旅行する際には必ず携帯し、必要に応じて提出しなければならない重要な査証ですが、旅行している最中に落としたり盗難にあって紛失してしまう人も少なからずいます。では、そうした事態に自分が直面した場合、どうしなければならないのでしょうか?旅行先から帰国するためには、パスポートを再発行するか、渡航書を作成してもらわなければなりません。そのためにはまず、現地警察でパスポートを紛失したことを証明する「ポリスレポート」を作成しなければなりません。外国の警察署でポリスレポートを発給してもらうのは、なかなか敷居が高いように感じられますが、観光地の警察署などであれば十分な外国人対応を行ってくれる場合も多いので、まずは勇気を出して警察署に連絡してみましょう。

現地日本大使館で紛焼失届を提出して帰国に必要な書類を発行してもらおう

旅行先でパスポートを紛失してしまった場合は、必ず現地の日本大使館へその旨申請しなければなりません。パスポートの再発行か渡航書の作成も行ってもらわなければならないため、ポリスレポートを発行してもらったら必ず訪れましょう。日本大使館ではまず「紛失一般旅券届出書」を作成し、ポリスレポート・写真・その他参考になる書類とともに窓口に提出します。その後、帰国に必要な書類を作成してもらうことになりますが、パスポートの再発行の場合は、戸籍謄本など日本でパスポートを作成した時に必要だったものと同じ書類の提出が必要になります。そのような書類が入手困難な場合は、運転免許など国籍を証明できる身分証で作成することができる渡航書を作成することになります。渡航書の有効期限は1週間から10日ほどであるため、旅行の日程などと相談して発行してもらうようにすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です